【口コミ|評判】Goodニュース、サクッとプラスの副業ツール投資結果は…詐欺ではなかった!

最新副業アプリネット評判レビュー

未分類

動画編集の副業は意外とハードルが低い

投稿日:

副業にも店でアルバイトをするものや、自宅でなんらかの作業をするものもありますが、ここ数年需要が増えている在宅の副業と言えば動画編集です。
動画の編集と言うとハードルが高く感じるかもしれません。
しかしそれなりの性能のあるパソコンを用意し、編集ソフトを調べて導入すれば、意外と参入は難しくない副業です。

動画編集を副業とするなら、まず動画編集の仕事にもいくつかの種類があることを把握しておく必要があります。
大まかに分けると企業のPR動画の編集、イベントムービーの編集、そして動画投稿サイト用の代理編集です。
副業として始めやすいものは、投稿サイト用の動画編集になります。

有名動画サイトの投稿者に憧れて動画を撮影したは良いものの、動画を編集する能力がないから外部に委託するという人は、現状でも少なくありません。
クラウドソーシングサービスでは、そう言った編集の代行を募集する案件も多く出ています。
それを受けるのが、動画編集の副業です。

動画編集の内容は、支持に従い撮影された複数の動画から必要な部分を切り出して繋いだり、BGMや効果音をつけ、字幕をつけるというのが基本になります。

BGMや効果音は依頼者から提供されることもありますし、それがなければフリー素材、他者と差をつけたいなら独自の素材を作って利用します。
動画の長さにもよりますが、慣れてくれば5~10分程度の動画の編集は、およそ3時間程度で編集が完了します。

最近の動画編集ソフトはユーザビリティも高く、どう操作すればどういった編集ができるか、画面効果の付け方なども直感的にわかりやすい物も増えています。
動画編集ソフトを使って、フリー素材で何本か試しに簡単な動画を作ってみれば、独学でも使い方は十分把握できるでしょう。
そうした練習の末にできた動画をどこかしらのアップロードしておけば、依頼に応募する際のアピールにもなります。

参入が意外と難しくないと言うことは、ライバルも増えて稼げないのではと思うかもしれません。
ですが動画編集技術を身に着け、実績を積み上げる事ができれば、クラウドソーシングではなく、企業から動画クリエイターとしてアルバイトでの副業という道も開けます。

そうする場合より専門的な知識や高い技術が必要になってくるかもしれませんが、それも動画編集の経験という下地があればハウツー本やハウツー動画である程度学べます。
本格的なスキルやコネがほしければオンラインスクールという手もあるでしょう。

動画編集の仕事はこれからも需要の増加が見込めて、スキル次第で受ける仕事の収入が増える余地もあります。
また同じ人に編集を依頼したいと考える依頼者も多く、動画編集の副業は、安定性と将来性のある副業と言えるので、チャレンジしてみる価値はあるでしょう。

-未分類

Copyright© 最新副業アプリネット評判レビュー , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.